南部鉄器、南部鉄瓶の生活通販

岩手県の伝統工芸品、南部鉄器の由来

南部鉄器は、岩手県の内陸南部に位置する奥州の水沢と、中部に位置する盛岡によって造られる鉄器で、古くから伝わる伝統工芸品です。

 

盛岡や水沢を望む山系から産出される優れた土で、17世紀頃から南部藩主によって南部鉄器や南部鉄瓶が作られました。

 

現在では、茶釜から日用品に至るまであらゆる製品が作られる様になりました。
南部鉄器は、ずっしりとした手応えのある重みと質感。
重厚な深い味わいの中にやどる伝統と匠の技。
鉄鋳物の豊かな量感は人々に安心と信頼感を与えます。

 

キッチン用や茶釜から日用品など重厚な味わいが宿る伝統工芸品をご案内しています。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL